品川宿は、江戸からでる諸街道のうち最も重要視された東海道の1番目の宿(1601年指定)である。 目黒川を挟んだ南・北品川宿と享保期にできた歩行新宿(北品川)とで構成され、宿内は商店が1600軒、住む人7000 という活気ある地であった。 また、北の吉原に対して品川は南といわれ遊興の場所としても有名である。
今でも、江戸時代と同じ道幅で、ひっそりと宿場まちは活きています。
私が暮している、東京の古い町、品川宿を紹介します。

東海道53次をのんびりと一人旅! この町からスタートします。





インターネットエクスプローラ3専用命令です
==========Return